不用品回収で断捨離

定期的にやりたくなる。

どうも、ちゃっぴです。

部屋を掃除していたら、不意に断捨離をやりたくなりました。
そこで、今回のターゲットは下駄箱です。

冬にまったく履かなかったブーツ等を、おもいきって捨てました。
ほかにも、修理に出そうと思いつつ、出さずにそのまま置きっぱなしにしていたヒールの削れたものや、年齢に合わなくなったものもすべて処分。
あれもこれもと放り込んでいったら、40Lゴミ袋が満杯になりました。
小さな下駄箱に、そんなにも不用品回収が入っていたとは…。
心なしか、玄関の空気が軽くなったような気がします。

断捨離して気づいたこと──。

いいものは、何年履こうが残る。

今後はなるべく、安い靴は買わないようにします。

あと、下駄箱に入りきる量をキープしようと、心に決めました。
1足買うなら、1足捨てる。
似たような色、デザインのものは買わない。

ここ数年、いい靴との出会いがなかったのは、履くにしても、買うにしても、そこに愛情がなかったからなんだと思いました。
断捨離対象になってしまった子たちには、本当に申し訳ないことをしてしまった。
お塩でしっかり清めてから、旅立ってもらおうと思います。